快適に過ごそうのコピー


う~ん(困惑)

お客さんを守るという観点から見ると
お金を払った方だけ熱中症から守るという
ある意味、命の選別的な優遇(差別)には
疑問を持ってしまう。

会議で反対意見は出なかったのか。

まずは基本的な熱中症対策の取り組みを発表して
それからの優遇処置の提案ではないか。

現状では熱中症対策の有無が分からないので
お金を払った方だけ守りますよという風に
捉えられてしまい兼ねない。

例えば
簡易タープテントを複数個所に設置し
日除け出来る場所を作って
(ミスト扇風機があれば尚ベター)
(企業の支援等で飲み水が配られれば尚々ベター)
熱中症対策した上で更に快適に過ごしたい方用に
冷房の効いたテントを用意しますよという事であれば
まだ分かる。

■快適に過ごそう!プロジェクト
コース利用日定員金額
VIPリストベルト(基本コース)Day1(8/20)50人3,000円
Day2(8/21)50人
VIPエリア&ポーチDay1(8/20)50人5,000円
Day2(8/21)50人
VIPエリア&モバイルバッテリー(黒)Day1(8/20)49人5,000円
Day2(8/21)50人
VIPエリア&モバイルバッテリー(白)Day1(8/20)50人5,000円
Day2(8/21)50人
VIPエリア&コーチジャケットDay1(8/20)100人10,000円
Day2(8/21)100人
MONSTER biSH 2022 バックドロップDay1(8/20)
Day2(8/21)
1人500,000円

あとリターンにいろんな付加価値を付けるのはいいけど
基本コース(VIPエリアのみ)が少なすぎるため
付加価値(特にコーチジャケット)で儲けようとしてると
勘ぐられても仕方ないし
なぜ唐突に今回何の関係もない
MONSTER biSH 2022のバックドロップを出したのか。

また設置場所は
・STAGE茶堂 横テント
・エントランス広場ビジターセンター
とありますが
そもそもSTAGE茶堂(ちゃどう)内には
学習室・さぬきのおばちゃんの家と
展示室・映像室がありクーラーが効いていて
休憩できていたんです(もしかして利用不可になる?!)

それとわざわざ茶堂まで行って休憩して
また戻って来るの結構しんどいですよ。
茶堂までの道のり←歩く距離の目安)

去年、開催中止になった時に実施された
クラファンのリターンで
シークレットイベントに参加しましたが
最高過ぎるお返しだっただけに…

↓去年のクラファンリターンのシークレットイベント
MONSTER baSH 支援プロジェクト For 2022