IMG_0005



↑動画の冒頭は
フェスやライブでよく耳にするサウンドチェックの様子。

この動画ではハロー、ワンツー、テスなど比較的分かりやすいが
ツェッ、ハッ!!ハッ!!、ツァッなど
クセが強めの言葉を聞くこもしばしば。

音響の調整をしているのだろうと
なんとなく理解していた人も多いと思うが(私もその一人)
実はきちんと意味があったのである。

00

最近、音楽系を掘り下げいておもしろい関ジャムにて
サウンドチェックの言葉に付いて解説されたので紹介したい。

あの言葉は
短時間にスピーカーとマイクの調整を両方行う優れたツール
だそうだ。

01

ただし好きな言葉を喋ればいいということでは無く
音響を調整するエッセンスが入っている必要があり
例えば代表的なワン、ツーの場合
ワンのが低音で、ツーのが高音となり
どんな高さの音もマイクで拾えているかテストし
マイクとスピーカーの間で「キーン」という
ハウリングがしないかチェックしているらしい。

02

しかし本日は晴天なりと言っているのを聞いたら要注意!
あれは欧米のit's fine todayを和訳しただけで適切ではないとのこと。

これからはサウンドチェックの言葉にも耳を傾け
あの言葉は高音じゃね?いや低音でしょ!なんて言い合う
フェスやライブでの楽しみが一つ増えたのではないだろうか。

逆に音響さんの職人魂に火が付き
さらに奇抜な言葉が飛び交うようになるかも知れない。

※関連記事
【モンバス2016】フェスあるある(※編集中)



↓応援クリックお願いします!